7月8日

 

本日は左サイドシルの取り付けです。

これが新品のサイドシルです。

このまま使うのはちょっと心配なので、さび止めプライマーを内部にまんべんなく塗り込みます。

どうして切開もせずにまんべんなく塗れるのかって?それは企業秘密です(笑)

 

写真はありませんが、ここはシャーシと合体するところなので位置決めは慎重に行いました。

取り付けたサイドシルの前部です。

ここは、腐食がかなり進んでいたところで、とりあえず形になっている?

といったかんじなので、ここを綺麗に仕上げていきます。

 

横から見たカットです。

 

ここは本来ならばピラーからのパネルとシルが二重になっているところですが、

腐食のためにシルから延びている部分がなくなっています。そこで、ここは作らないといけません。

 

これ、なんだかわかります?

 

こういう感じでラインをトレースするものです。(型どりゲージだったかな?)

で、それを基に、鉄板を切り出すのです。

腐り落ちていた箇所に当ててみます。

(おぉー!ぴったり?)

あとはピラーにあわせてRをつけて内側から溶接します。

後ろからのカットです。

溶接箇所並びに腐食部分をPOR15とガラスマットで補強しておきます。

内側も同様にオリジナルのスポット跡に溶接をし、POR15とガラスマットで補強します。

 

フロント部内側です。

腐り落ちていた箇所をPOR15とガラスマットで作成し元のラインを作ります。

ここは鉄板を使わずにあえてファイバーにしました。

なんで?って?また錆びるとイヤですから。

 

 

戻る  次へ