3月25日

サイドメンバーを切除すると、剛性は最悪になります。

そこで、このようなアングル材を使って、剛性を確保します。

 

左リヤタイヤハウスです。

ここもかなり、腐食がすすんでいたので、錆を落として、POR15を塗布します。

 

今日は作業が 進まなかったので、何となく右Rフェンダーを剥離後、POR15を塗っておきます。

サイドモールの下穴は、板金ハンダで埋めてありました。

 

戻る   次へ